消費者金融の周囲の反応

それほど気にする必要はありません

消費者金融に就職したいと考える人の中には、次のような不安を抱く人もいるかもしれません。
それは、消費者金融に就職することで周囲の人から冷たい目で見られるのではないだろうか、ということです。

消費者金融といえば人にお金を貸す商売ですが、こうした分野に就職することを、ある種の偏見をもって見る人がいるかもしれないと考えるのです。
以前は、銀行を除きお金を貸して利益を得る業種に良いイメージがありませんでした。

暴力的なものも少なからずあったので、あまり良い目で見られないのではないかと思うのも頷けます。
実際のところはどうなのでしょうか?

消費者金融に就職すると、人から冷たい視線で見られたり、周囲からの評価が変わったりするのでしょうか?
今の現実からいえば、昔ほど消費者金融に対する偏見というものはありません。

これはテレビCMなどで日頃からよく放送されていることもありますが、消費者金融は以前に比べて一般社会と距離が短くて身近な存在になってきています。
昔はある種の偏見を感じる部分もありましたが、今ではまったくないとはいえませんが、そうした意識はかなり薄まってきています。

ですから、消費者金融を利用することについても、あるいは就職してそこで働くことについても、昔ほど周囲の目を気にする必要はなくなっています。
もちろん、違法な闇金に就職すれば周囲からの評価は下がりますが、サラ金は闇金とは違うので安心です。

少なくとも、これから就職を考えている若い世代の方はあまり気にする必要は無いでしょう。
逆に偏見を無くすように働きかけることが、消費者金融から期待されていることかもしれません。