消費者金融の就職と債務

借金がばれるとマイナスのイメージがありますが・・

借金がバレると就職に不利になるイメージがあります。
実際は面接担当者の考え次第です。

借金があることをルーズに感じる人もあれば、気にしない人もいるということです。
ですが有利になるケースはほとんど無いので、借金が無い方が無難でしょう。

そのようなこともあって、債務を抱えてる人間が消費者金融に就職したいと思う場合、自分の債務や返済状況が審査されないかと不安になる人も多いです。
消費者金融は一般の企業と違い、実際にお金を貸している側なので、容易に調査できるイメージがあります。

その為、不安に思う人も多いのです。

実際に、消費者金融の採用では、就職希望者の債務や返済状況を審査するということがあるのでしょうか?

これについては会社ごとに対応が違っており、業界全体として一律に定まったものはなく、またその点について公に発表されたものもないので、どうにも断定することができません。
しかし一般的な話では、就職希望者の債務や返済状況が調べられることもあるようです。

ただし、仮に採用試験や面接で落とされることがあっても、自分の債務のことが主たる原因になるということはないようです。
その理由は、もしそうした事情だけで採用を落とすことがあれば、自社が行っている業務を否定することに繋がりかねないからです。

つまり、借金をしている人を不利な条件を抱えている人だとするのは、その業務を行っている自社の評価も自ら下げてしまうことになるのです。
この辺りの判断は採用する会社の基準に左右されますが、一般論としては、借金があるからそれだけで採用がだめになるということはないといえます。

ただし普通のこととして、どんな会社に入る場合でも、ルーズなところがあれば採用が見送られることはりますので、借金はないに越したことはないでしょう。