消費者金融の仕事内容

電話対応など多岐に渡る仕事です

消費者金融とは、個人に対してお金を融資する会社であり、銀行などの融資部門と同じ仕事をしています。
主な仕事内容は、営業活動と債権回収になります。

消費者金融というと、お金を取り立てたり、こわいイメージを持っている人も多いのですが、実際はデスクワークなども多く、厳しい取り立てなども行っていません。
営業活動では、優良顧客に対して融資限度額の拡大を依頼して、より多くのお金を借りてもらえるようにすることです。

消費者金融は、多くのお金を融資して、その金額に利息を乗せて回収することによって利益を出しています。
また、お金を融資しても滞納したり、返済が遅れるようなお客様に融資枠を拡大してもお金を返済してくれる保証がないので、優良顧客を獲得することも大切な仕事です。

消費者金融の仕事で一番悪いイメージを持たれている債権回収も、債務者への電話連絡がメインで、滞納が続いていて回収が不可能な場合には、債権回収専門の業者などに依頼することもあります。

休日などに駅や街中に立って消費者金融のチラシが入ったティッシュを配ることもあります。
これは、なるべく多くの人に消費者金融を利用してもらうための仕事内容でとても重要な仕事です。

また問い合わせや審査申し込みの対応なども重要な仕事です。
利用方法や返済の仕方などキャッシングについての質問に答えたり、入会申し込みで審査結果を通知や在籍確認などを行います。
直接お客と対話する業務であり、ここで相手にいい印象を持ってもらうことが売上げに直結するので気が抜けません。