消費者金融と女性

働いている女性は多い

率直に言って、消費者金融で働く従業員には女性も数多く存在します。
かつては消費者金融はサラリーローンなどと呼ばれてサラリーマンなどの男性ばかりを相手にする貸金業ゆえに男性ばかりの業界でしたが、最近ではその潮流も大きく変わってきており、幅広い利用者層を獲得しようとする各社の試みが加速していることから、女性従業員も多く採用されているのです。

その流れの根底には女性の社会進出があります。
女性の中にもお金を持った人やお金を必要とする人が増えています。

またインターネットショッピングなどによって消費傾向が多様化するに従ってお金を使う頻度も増えてきています。
消費者金融としてはこういったところでより多くの融資を行えるようなサービス体制づくりを強化している最中にあり、女性ならではの視点でサービスを見つめて企画を展開していくためにも、同性スタッフを多く採用しているのです。

また、電話相談や店舗窓口、または自動契約ルームでのテレビ電話を使った申請などでも女性スタッフによる対応が多く、その点をとってみても男女比は昔に比べて大きく変わってきていると言えるでしょう。
とはいえ、貸金業者の上層部や管理職などにおいて男性の比率が高いという傾向は未だに残っています。
世界的な男女機会均等の流れもあってこういった状態も徐々に改善されていくことが予想されます。